仙台で満足のいく仕上がりにしてくれる美容外科を見つける

施術時の痛みを減らす努力

女の人

美容外科と聞くと、施術でどうしても痛みを伴うイメージが有るという人も少なくないでしょう。仙台の美容外科ではそういったイメージを払拭するべく、痛みを減らすための努力がされています。切開などが必要なく、注射一本で終わることもあるプチ整形などもそのうちの一つです。ヒアルロン酸注入によるプチシワ取りなどで代表されるプチ整形は、目元や口角のシワ取りをしたり、ほうれい線を薄くしたりする効果があります。ヒアルロン酸はもともと人体にある成分で、多く水分を保水できるということで、1gで水6リットルもの保水量を有しています。このヒアルロン酸は加齢につれて減少していってしまうために、水分が足りなくなっていくことで肌のハリがなくなってしまい、それがシワなどの原因となってしまいます。他にもヒアルロン酸は肌だけではなく、骨と骨との間に摩擦が起きないようにする緩衝材のような効果も持ち合わせています。そのためヒアルロン酸が減少してしまうと、関節痛などの原因となってしまうこともあります。そうした理由から、ヒアルロン酸は医療目的としても仙台の病院などで使用されています。顔のシワを取り除くためのヒアルロン酸注入では、シワの溝に沿って注射器を利用してヒアルロン酸を丁寧に注入していきます。最新の技術でいくら痛みが軽減されているといっても、注入にはやはり少々の痛みが出てしまいます。痛みが苦手という人は、仙台の美容外科では麻酔をしてから施術を受ける事もできますので、事前に麻酔の利用を申請しておきましょう。麻酔にも複数種類がありますが、ヒアルロン酸注入の場合は主に麻酔成分の入ったクリームを施術部位に塗布する麻酔や、ガス状の麻酔を鼻から吸引することで痛みを和らげる笑気麻酔などがあります。扱っている美容外科で希望することによって決められる場合などもありますので、確認してみるといいでしょう。ヒアルロン酸は元々体内にある成分ということもあって、注入しても月日がたつことでヒアルロン酸が吸収されて効果が薄くなってしまいます。効果は個人差がありますが、2ヶ月から3ヶ月ほどになっているので、継続的にシワを目立たなくしたいということであれば通院する必要があります。ただ注射一本で済むということもあって所要時間が短いです。仙台の美容外科では一般的に施術が10分程度で済むものとなります。注射後にダウンタイムとして多少の腫れや内出血が出る場合などもありますが、当日からメイクは可能になるためにカバーをすることも容易です。また、ヒアルロン酸注入はシワ取り以外にも輪郭や目鼻立ちの形成などトータルバランスの修正にも利用されています。顔だけではなく、バストやヒップの調節などでも役立つ成分であり、コンプレックスを解消したい女性の強い味方ともいえる成分です。

To Top